正しい知識で、ぜひカロリミットの効果を実感しましょう

人気のカロリミット。
これは、「食べたいけどダイエットしたい」という人にために作られた、ダイエットをサポートしてくれるサプリメントとなっています。
しかし飲めばいいというわけではありません。飲むタイミングや飲みかたも重要です。
カロリミットについて知り、効果を最大限に実感するために、正しく飲んで健康的にダイエットをしていきましょう。

 

カロリミットを飲むタイミングと、その効果

 

カロリミットは、食事に含まれている糖質や脂質の分解を助ける働きをしてくれます。
そのため、効果を実感するには「どのタイミングで飲むか」が重要なのです。
飲んでから2時間は、体の中でカロリミットの効果が持続します。そのため、飲んでから2時間のあいだで食事を終わらせる必要があります。
普段の食事ならば2時間あれば終わることでしょうが、飲み会などのときは2時間で収まらない場合も多々あるかと思います。しかし、やはり人前で飲むのは少し抵抗があるかたもいるかもしれません。

 

普段の食事と比べ、カロリーの高いものを食べる可能性が高くなる外での食事。
カロリミットの効果は2時間であることから、ベストなタイミングで飲みたいものです。
体の中で溶けて効果が出るには約30分。そのため、会場についてすぐにトイレなどで飲むのも手です。また時間が長引きそうな場合は、お化粧を直すついでに飲むのもアリですね。
席を外すのが難しいような場合は、2時間を超えたら飲食を控えるなど、工夫をして使用することをオススメします。

 

 

■効果的な食事方法

 

カロリミットはダイエットを助けてくれますが、だからといって脂分の多いものを食べすぎるのは禁物です。カロリーを摂取しすぎると、それを分解するには時間を要し、せっかくのカロリミットの効果を感じることができなくなってしまいます。
体に負担をかけないためにも、バランスの良い食事を心がけ、積極的に野菜を食べるようにしましょう。

 

■必ず分量は守りましょう

 

カロリミットを飲む場合は、必ず分量を守りましょう。飲みすぎると下痢を起こす場合があります。
ダイエットには自己管理が重要。
頼り切るのではなく、きちんとセルフコントロールを行っていきましょう。

 

■飲むタイミングは食前がベスト

 

カロリミットには、糖分の吸収をおさえたり、食欲をセーブしたりする効果も期待できます。ところが、お酒を飲んだ場合は、この「食欲のセーブ」が難しくなってしまいます。
食欲をセーブするには、よく噛み、ゆっくり時間をかけて食事し、満腹中枢を刺激するのが一番です。そのため、お酒の席であっても、「ゆっくり食べる」ように心がけてください。

 

カロリミットはダイエットのサポートをしてくれますが、当然ながら、カロリミットを飲んでいる=どれだけ食べても大丈夫!というわけではありません。
カロリミットを飲んでいても、過剰なカロリー摂取を続けていればダイエットは難しくなります。そこをきちんと把握したうえで、上手に使って、ダイエットのサポートをしてもらいましょう。

 

まとめ

 

飲んでから15分ほどで、じわじわと効果が出るのが、カロリミットです。
効果を実感したいならば、食事の楽しむ直前ではなく、「30分ほど前」に飲んでみてくださいね。