カロリミットで便秘になる?!

ダイエットの強い味方であるカロリミット。カロリーを抑えてくれる効果があるので、多くの人から支持されているサプリメントですが、人によっては便秘や下痢になってしまう人もいるようです。健康になることが目的なのに、カロリミットで体調を壊してしまっては本末転倒ですので、なぜ便秘になるのか、便秘の改善方法などご紹介していきます。

 

■カロリミットがもたらす効果

そもそもカロリミットは、このサプリを服用することで余計な糖質や脂質を体に吸収しないようにしてくれる効果があります。ですので、少し食べ過ぎてしまったなというときでも脂肪に変わるのを防いでくれるのです。ダイエットしているからと食事に誘われたのを断ったりしてしまうと印象が悪くなってしまいますし、どうしても行かなければいけない飲み会などもあると思います。このような時にカロリミットはあなたの強い味方になってくれます。

 

■気になる成分について

健康食品を買う時に気になるのが成分だと思います。カロリミットは、ギネマムやキトサンと言った糖分や脂質の吸収を抑えてくれる成分が配合されています。さらに、炭水化物の吸収をゆるやかにする成分も配合されているので、血糖値の急な上昇も抑えてくれます。ですので、食事の前に服用すればその効果を十分に発揮することができます。

 

■カロリミットと便秘の関係性について

生きていく上で、糖質や脂質というのは大切な成分です。本来ならば、余計な糖質や脂質というのは便と一緒に排出されるものですが、必要以上に摂取してしまうと体の中に蓄積されていきます。カロリミットは体にとって不必要な分を便と一緒に排出するので腸が詰まりやすくなってしまうのです。

 

腸の働きに問題がなければ便秘になることもないのですが、もともと便秘体質の方やカロリミットを飲んでいるからといっていつも以上に食べてしまうと腸の働きは弱まってしまいます。こうなるとカロリミットの効果は逆効果になり、どんどん便が詰まってしまいます。1日3回1粒という使用方法を守って服用するようにしましょう。

 

また、カロリミットを飲んでいるからといっていつも以上に油っこいものを食べてしまっては意味がありませし、サラダだけといった偏食も便秘を引き起こす原因になります。というのも生野菜は、不溶性の食物繊維が含まれているので便を硬くしてしまうのです。ですので、カロリミットを飲みながら食事のバランスにも気を配るようにしましょう。特に、水分補給というのは便秘のリスクを回避してくれるので、いつでもすぐに飲めるように常にペットボトルを持ち歩くなどして対応するのがいいと思います。

 

便秘になった時は

もし、カロリミットの服用を始めてから便秘になってしまったら使用を中止しましょう。カロリミットはカロリーを抑えるサプリメントであり、脂肪を燃焼させるようなサプリメントとは目的が違います。ですので、用法用量を守って使用することが重要になりますし、カロリミットを服用しただけで痩せるということはありえません。ダイエットをしているのに便秘になってしまったら意味がないので、バランスの良い食事と適度な運動を取り入れて健康的に痩せましょう。